読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のおいしい食べ方。

本がテーマのブログです。本をきっかけに想いを巡らし記録する「今日の一皿」や本に関するメディアとしての情報を載せる「本のあれこれ」について書いていきます。

MENU

須藤凛々花『人生を危険にさらせ!』を読むと「自由」になれる。

f:id:eatbooks:20170512112859j:plain

 著者:須藤凛々花(NMB48)、堀内進之介(政治社会学者)
出版:幻冬社文庫
 
こんにちは、カネコです。哲学書というと一冊読むのに何ヶ月も掛かるような難解な本をイメージされます。
 
僕も以前に哲学書にチャレンジしましたが、とてもしんどくて本を読むのが嫌いになりそうでした。しかし、哲学の本でありながらエンターテイメントな本がありました。それが今回紹介する本です。
 

「とことん考えました。」

哲学好きなアイドル・須藤凛々花(NMB48)と政治社会学者の堀内進之介が「生きる」「愛する」「自由になる」「正義しい」「大人になる」という哲学的なテーマについてトークを収録した本。
 
りりぽんこと須藤凛々花は、哲学好きなアイドルというキャラ付けのためにやっているのかと思いきや、けっこう本気で勉強や考えることが好きということが、本を読んでいると感じました。
 
自分もそのぐらいの年に勉強が好きと言えるぐらいなら、今の可能性はもっと広がっていただろうなと反省します。
 

「人生を危険にさらせ!」

この本の題名でもあり、テーマでもある「人生を危険にさらせ!」というメッセージ。危険を冒さなくても、今の日本なら何も考えずに快適に過ごせると思います。ですが、そこであえて危険を冒す。
 
本書の中で、りりぽんは、 
”生きる意味はない、つまり、生きるために意味など必要ない、生きねばならないのだと分かったとき、私はとても嬉しくなった。救いがないことに救われた。そして、大事なのは自分で生きるということだと気がついた。”
と言っている。
 
社会の”普通”という空気を読んで生きても、それから外れて生きても、生きる意味というのは無い。意味がないのなら、どっちを選んでもよくて、それは自分の好きなほうを吟味して選べばいい。
 
 けど、社会の”普通”は自分で好きなほうを選ぶようにはなっていなくて、選ぶのなら”普通”から外れることになる。
 
 ”普通”から外れると、危険は増えるんだけど、「自分で生きる」には「自分を危険にさらす」ということだろう。という意味かなと哲学的な暫定的な答えを出してみました。
 
ついつい難しい記事になりそうでしたが、難しく考えなくても読める本です。
 
 

オードリー若林正恭『ご本、出しておきますね?』を読むと小説がさらに楽しくなる。

f:id:eatbooks:20170509183258j:plain

こんにちは、カネコです。今日の本は、お笑い芸人オードリー若林正恭さんの本を紹介します。オードリーのお笑いが好きで、何気なく買ってみた本だったのですが、これが大当たりでした。
 

無類の本好き芸人・オードリー若林正恭

 
お笑いのことはもちろん好きで、それを仕事にしている。さらに学生時代にアメフトをやっていたことから、アメリカのアメフトの最高峰スーパーボールに毎年仕事で行っている。今度は、読書が好きということで作家さんたちとのトークバラエティをするなんて、羨ましすぎる。
 
番組名が「ご本、出しておきますね?」で、それがそのまま本のタイトルになっています。僕は番組自体はみたことがないのですが、どこかでBSが見れるタイミングがあれば見てみたいなと。
 

対談した豪華な作家たち+書籍用特別対談

 
対談した作家さんたちは以下のとおりです。『』カッコ内は主な代表作です。
 
・西加奈子『サラバ!』『きいろいゾウ』
・朝井リョウ『何者』『桐島、部活やめるってよ』
・長嶋有『猛スピードで母は』『祝福』』
・加藤千恵『あとは泣くだけ』『映画じゃない日々』
・村田沙耶香『コンビニ人間』『タダイマトビラ』
・平野啓一郎『日蝕』『マチネの終わりに』
・山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』『ニキの屈辱』
・佐藤友哉『100の小説とバックベアード』『世界の終わりの終わり』
・島本理生『リトル・バイ・リトル』『Red』
・藤沢周『ブエノスアイレス午前零時』『刺青』
・羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』『成功者K』
・海猫沢めろん『零式』『ニコニコ時給800円』
・白岩玄『野ブタ。をプロデュース』『空に唄う』
・中村航『リレキショ』『ぐるぐるまわるすべり台』
・中村文則『土の中の子供』『教団X』
・窪美澄『ミクマリ』『ふがいない僕は空を見た』
・柴崎友香『きょうのできごと』『春の庭』
・角田光代『八日目の蝉』『対岸の彼女』
 
特別対談
・尾崎世界観(クリープハイプ・ボーカル)
・光浦靖子(お笑い芸人・オアシズ)
 
作家さんの名前は知らなかったけど、本は知ってる。また本や映画を知ってるけど、この作家さんが書いてたんだってことがある。知るきっかけは様々あって、それらがどんどん繋がっていくのがおもしろい。
 

次につながる「キーブック」というもの。

 
読書をするときは、書店で買ったり、ネット通販で買ったり本を選ぶところから始まる。何を選ぶかは、その時にパッと目についた本を選ぶこともあるんだけど、事前に友人に勧められてたりして「そのうちに買おう」と頭に入れておくこともある。勧めてくれるのが人ではなく、本から着想を得ることもある。1つにつき、1つ「そのうちに買おう」は出てくる。さらに「そのうちに買おう」をたくさん紹介してくれる本を『キーブック』と呼んでいる。これは松岡正剛さんが使ってる言葉で、それを僕も使わせてもらってる。
 
キーブックとなる本に出会うのは、そうないことで50冊に1冊、100冊に1冊ぐらいでしかない。面白い本を探すよりも難しいことなんです。だから、今回読んだ『ご本、出しておきますね?』が僕のキーブックになったことがとても嬉しい。
 

読書に価値はないと思っていた僕を『本の虫』にした本5冊

 

f:id:eatbooks:20170507215102j:plain

こんにちは、カネコです。 

ぼくが本をたくさん読むようになったのは、ここ5、6年です。それまでは、読書感想文を書くために読んだ本とハリーポッターシリーズぐらいでした。

今回は、そんなどちらかというと本嫌いだったぼくが読書をするきっかけとなった本を紹介します。

 

『知の技法』

この本は大学の授業のサブテキストとして作られたものなので、読書するものでもない。

大学院にいって研究をしているときに、自分のベースとなる考え方を示してくれた本です。

だから多くの人に参考になるような本ではないと思うんだけど、紛れもなく僕を読書へと誘った本なのでここに並べました。

自分の経験から得た知識なんかどこかの本に書いてあるもんだなと衝撃をうけました。

 

『夢をかなえるゾウ』

 

シリーズ累計300万部を売り上げたベストセラー本の第一冊目。

冴えないサラリーマンのもとに突然現れたゾウの姿をした関西弁の神様ガネーシャ。成功したいという夢を実現させるためにいくつもの課題を出していく。

二人の漫才みたいな掛け合いがとても笑える。それまで読書は退屈なことだと思っていたが、この本を読み読書は「おもしろい」ものだと思わせてくれた本。

 

『オリンピックの身代金』 

 

読んでいると舞台となっている街が鮮明に見えてくる情景描写に小説の凄さを実感した本。

昭和39年の東京オリンピックに沸きかえる東京を舞台に、テロリストと刑事の攻防を描いたサスペンス小説です。当時の東京は建設ラッシュの真っ只中で、作中でも建設現場などが出てくる。

建築史の教科書を読んでいるよりも、この小説を読んでいるほうが勉強になり、文章でこんなに表現できるものなのかと驚いた。

 

『松本紳助』

 

読書に興味が出てきたが、まだ活字を読むのがしんどかったときに出会った本。

今は引退してしまった島田紳助とダウンタウン松本人志の二人だけのトーク番組「松本紳助」を書籍化したものです。

話している内容は間違いなくおもしろいですし、しゃべり言葉が文字になっているので活字が苦手な人でも無理なく読めてしまう。

  

『脳と日本人』

 

分野の違う知識人の二人がお互いの分野ならではの物の見方を教えてくれて、学問は楽しいものだと再認識させてくれた本。

知識人と呼ばれる人たちでも、お互いの分野のことでは素人。その相手にわかりやすく説明しているので、読んでいるこちらも理解しやすい。

新しい分野の本を読むときには、こういった対談本やエッセイから入る僕の読書スタイルの元となりました。