今日の一冊

『つむじ風食堂の夜』こういう食堂で食べてみたい。

吉田篤弘 著

 

吉田篤弘さんは、奥さんの◯◯と「クラウド・エヴィング商會」という装丁デザインなどもやっている。

 

装丁というのは、表紙のことである。

 

この小説を読んで少しした頃、脳科学の本を読んでいた。

 

その装丁が良い感じのものだなと、ふと思って装丁デザインは誰がやっているのかを見たら、なんとクラフト・エヴィング商會だった。

 

小説系の装丁をデザインしたものは見たことがあったが、脳科学のものにまでデザインしているとは思わなかった。

 

普段は、デザインを誰がやっているかまでは見ていないのだが、

たまたま見たことによって小さな発見があったのだ。

 

吉田篤弘さんにも吉田◯◯さん、クラフト・エヴィング商會のふたりには会ったことはないけど、すごくこの一件から親近感を思えている。

 

いつかお会いしたときに、この話をご本人たちに話してみたいと思った。

 

この「つむじ風食堂の夜」という本は、ストーリー展開やビビットにとんだキャラクターを楽しむものではない。

 

それよりも物語全体の雰囲気を楽しむものだと思う。

 

まぁ楽しみ方はそれぞれでいいんだけど。

 

レヴィ・ストロースの神話分析にはじまり、ジョセフキャンベルの英雄伝説の型といったプロットを意識する必要もない。

 

肩肘をはらずに読書を楽しめるのだ。

関連記事

  1. おすすめ本

    オードリー若林正恭『ご本、出しておきますね?』を読むと小説がさらに楽しくなる。

    こんにちは、カネコです。今日の本は、お笑い芸人オードリー若林正恭さ…

  2. 今日の一冊

    『いい顔してる人』見た目も料理の一部です。

    荒木経惟 著 アラーキーとして知られている著名な写真家の書籍で…

  3. おすすめ本

    須藤凛々花『人生を危険にさらせ!』を読むと「自由」になれる。

     著者:須藤凛々花(NMB48)、堀内進之介(政治社会学者)…

  4. 今日の一冊

    『なるほどデザイン』思わずなるほどとうなずく味。

    ぽかーんとした少年の顔が印象的な装丁の本。…

  5. 今日の一冊

    『アライバル』文字はないけど、ちゃんと食べれます。

    オーストラリアのイラストレーター・絵本作家のショーンタン著。…

最近の記事

  1. 【読むヒト】#1 私が人生の一大決心した時に助けられた3冊
  2. 横浜本屋10選!地元を愛する人たちの街にある本屋さんまとめま…
  3. 大井町本屋6選!人気上昇中の街にある駅前大型書店から軍事専門…
  4. 自由が丘本屋7選!落ちついたオシャレな街の本屋さんをまとめま…
  5. みなとみらい・桜木町本屋7選!港街のおしゃれなBOOK&am…

おすすめ記事

  1. 本屋

    荻窪本屋7選!大型書店から最近話題の本屋さんまで
  2. 本屋

    仙台本屋13選!おすすめの大型書店&東北最大級の古本屋など
  3. 本屋

    上野・御徒町の本屋8選!歴史と文化であふれる本屋から駅ナカのおしゃれな書店まで
  4. 今日の一冊

    『夢をかなえるゾウ』「役に立つ」と「おもしろさ」の合挽き肉
  5. 散文

    「何の為に勉強をするのか?」に答えてみた。
PAGE TOP