今日の一冊

『住まいの中の自然』暮らしでは受けに回ると心地よくなる。

著・小玉祐一郎

 

自然というと、木々を最初に思い浮かべる人も多いでしょう。

 

でも、家の中にも自然はたくさんある。空気は外とつながっているし、太陽の光は窓から入ってくる。それだけでなく、実は熱も壁をとおして家の中にはいってくる。

 

日本は四季があって、湿度も高いことから心地いい家を建てるにはとても苦労してきた。

 

そこに登場したのが、コンクリート。こいつは外と内をビシッと分けてくれる。

 

ビジッと分かれると外がどんな状況でも、内は同じ状態になる。

 

様々な状況でも対応できる。だから沖縄でも、北海道でも大丈夫。

 

コンクリートのおかげで、とても快適に過ごせるようになった。

 

こういった能動的に自然をコントロールするのを、

建築学ではアクティブデザインといいます。

 

暑かったり、寒かったりしなくていいから快適にはなったけど、

地域ごとの自然を感じられなくなってしまった。

 

ないものねだりになってしまうけど、進歩とはそういうものだ。

 

こんどは地域・土地ごとの気候風土を活かしつつ、快適な住まいにしたい。

 

アクティブデザインとは反対に、受動的になることを

パッシブデザインといいます。

 

人生は能動的に生きていきたいけど、住まいは受動的がいいみたい。

 

この本は、どうすればパッシブに、自然と一緒にすごせるのかを教えてくれます。

 

たとえば、庇を縁側をつくることによって「夏は日差しをさえぎってくれる」「冬は太陽の光が縁側にあたり、あたたかくしてくれる」と。

 

バーっと読むとどれも、昔の日本の民家には備わっていた性能でもあります。

 

もういちど、受け継がれてきていたものを見直して、今の住宅に活かしていく。

 

自然とうまく共存した伝統とか日本らしさとかが入った家が増えてくれればいいなと思う。

関連記事

  1. 今日の一冊

    『つむじ風食堂の夜』こういう食堂で食べてみたい。

    吉田篤弘 著吉田篤弘さんは、奥さんの◯◯と「クラウ…

  2. 今日の一冊

    『夢をかなえるゾウ』「役に立つ」と「おもしろさ」の合挽き肉

     「おもしろさ」と「役に立つ」がふたつとも入ってて、大好きな本の一…

  3. 今日の一冊

    『NO LIMIT 自分を超える方法』同じ言葉なのになぜか違う

    著・栗城史多 発行・発売/サンクチュアリ出版 同じ言葉なのにな…

  4. 今日の一冊

    『なるほどデザイン』思わずなるほどとうなずく味。

    ぽかーんとした少年の顔が印象的な装丁の本。…

最近の記事

  1. 【読むヒト】#1 私が人生の一大決心した時に助けられた3冊
  2. 横浜本屋10選!地元を愛する人たちの街にある本屋さんまとめま…
  3. 大井町本屋6選!人気上昇中の街にある駅前大型書店から軍事専門…
  4. 自由が丘本屋7選!落ちついたオシャレな街の本屋さんをまとめま…
  5. みなとみらい・桜木町本屋7選!港街のおしゃれなBOOK&am…

おすすめ記事

  1. ギネス

    【ギネス記録】世界一小さい本ってどれくらいの大きさか知ってる?
  2. 今日の一冊

    シソンヌじろうの初の日記小説『甘いお酒でうがい』
  3. おすすめ本

    今月のイチオシ本#1・AIが選んだ一冊
  4. 本屋

    鎌倉本屋9選!地元に愛された書店から日本唯一の仕掛け絵本のお店まで
  5. 今日の一冊

    『夢をかなえるゾウ』「役に立つ」と「おもしろさ」の合挽き肉
PAGE TOP