読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のおいしい食べ方。

本がテーマのブログです。本をきっかけに想いを巡らし記録する「今日の一皿」や本に関するメディアとしての情報を載せる「本のあれこれ」について書いていきます。

MENU

紙の本は必要?電子書籍でもいいんじゃないの?

f:id:eatbooks:20170401152543j:plain

こんにちは、カネコです。

 

いろいろな物がテクノロジーに変わりつつあるなかで、本の状況も変わってきています。

 

数年前から電子書籍が登場して、紙の本がなくなるんじゃないかといったニュースや記事も見かけます。

 

このテーマ自体は、新しくも珍しくもないですが、僕なりに考えをまとめてみました。

 

紙の本は無くなるか?

 

紙の本はなくならない。

 

ただし、人が必要としている限りは。

 

どういうことかというと、

本というのは商品なので、それを買ってくれる人がいる

かぎり無くならないということ。

 

買う人がいるなら、それを売る人は残ります。

 

買いたい人がいっぱいいるのに、売りたい人がいないなら、自分でやってしまえばとても儲かりますよね。

 

今まである技術やノウハウもあるので、新たに発明しなくてもできますし。

 

逆に買う人がいなくなれば、無くなってしまいます。

 

ここで注意しておきたいのは、「買う人」です。

 

紙の本を「好きな人」「残して欲しい人」ではなく、

「買う人」がいなければいけないのです。

 

紙の本が好きな人は買うだろうと思っていたのですが、

どうやらそうでもない。

 

電子書籍は紙の本の敵ではない、むしろ味方。

 

現在マンガ業界では、ネットから紙への流れが新たに作られました。

 

マンガアプリというがあって、1日何話という制限はあるんですが

無料でマンガが読めます。

 

そこから人気となったものは、コミック本が発売されます。

 

無料で読んでるので、わざわざ書籍になっても買わないんじゃないの?と思いますが、それが問題なく売れているのが現状です。

 

(これまでにも少年ジャンプなどで読んで、コミック本は買う流れがあったので、ネットから本という流れがまったく新しいわけではのですが。)

 

活字の本でも、電子書籍しかないものでも売れる本があれば、

紙の本になる可能性は大いにあります。

 

また、写真もデジタル時代ですがアルバムに現像してくれるサービスもあるので、電子書籍を紙の本にしてくれるサービスも出てくるかもしれません。

 

 

図書館が紙の本を減らす要因

 

「タダほど怖いものはない」

 

どこの誰が言ったかはわからないけど、

この言葉があてはまる。

 

図書館は誰でも利用することができます。

 

調べ物をするのもいいですし、静かでエアコンも効いているので

勉強するにもいい場所です。

 

そんな図書館の運営は税金が使われています。

間接的に払っているので、払っている意識はありません。

 

使っても使わなくても同じなので、無料といえば無料です。

 

無料だから本を好きな人にとっては、一見すごくいい行政サービスです。

 

ですが、さっき説明したとおり「買う」ことをしないと生き残らない。

 

本来なら本を好きな人が本を買って、市場が維持されます。

 

でも図書館が本の市場の邪魔をしてしまっている。

 

公務員の人たちも行政サービスとして、

図書館をもっと活用してもらおうと、さまざまな工夫をしています。

 

その甲斐もあってか、貸し出し冊数は年々増えています。

 

行政サービスの質が向上していくことは、喜ばしいことです。

 

ただ、紙の本が好きでなくなってほしくない人は喜べない事態になっているのです。

 

紙の本が好きな僕からの提案

 

紙の本が好きな人は、本にお金をつかうべき。

 

そうすれば、紙の本はなくならない。

 

残ってほしいものには、お金を使おう。