本のおいしい食べ方。

本がテーマのブログです。本をきっかけに想いを巡らし記録する「今日の一皿」や本に関するメディアとしての情報を載せる「本のあれこれ」について書いていきます。

MENU

『「雲」のコレクターズ・ガイド』遊び心に惹かれる一冊

f:id:eatbooks:20170210184556j:plain

キャヴィン・プレイター=ピニー著(桃井緑美子 訳)

雲の発見の難易度から得点がつけられる。

ぼくは無類の「雲」好きなんです。

 
小学生の頃にテストでのこと。
 
教室の半分から廊下側の子は机を廊下向きに、窓側の人は机を窓側に向けてテストを受けるきまりでした。
 
そのときぼくは窓側だったので、窓側を向いてテストを受けます。
 
そのときは数学の分数のテストだったと思うんですけど、数問といて窓の外を見たら、青空に雲がぷかぷか綺麗に浮いていたんです。
 
「綺麗だな〜」
 
「あっちの雲はバターロールに似ているな」
 
「こっちの雲の形がだんだん変わってきた」
 
と、雲に見とれていました。
 
そのときはテストをしていることは完全に忘れていました。
忘れたことを思い出したのは、チャイムがなったとき。
 
 
テストの点数は、、、20点
 
 
人生の中でいちばん低い点数。
 
幸いにして先生に正直に雲見てましたといったところ、
怒られはせず、放課後に再テストをすることですみました。
 
そのぐらい雲が好きです!
 
雲のある風景などの写真集は数多くあります。
 
ぼくも何冊も持っているのですが、
その中でもこの『「雲」のコレクターズ・ガイド』は特に面白い。
 
どこが他と違うかというと、雲の発見の難易度から得点がつけられる。
 
大体の本は綺麗な写真を並べているだけで、なかなか珍しさまで、書かれていないのが多いのです。
 
たとえば、夏のもくもくと空高く巨大な雲の積乱雲の項目で
発見の難易度による得点
積乱雲:40点
積乱雲が雷鳴を轟かせ、稲妻を光らせていたら:ボーナス15点
というふうになっている。
 
このあたりに作者の雲好きゴコロがあふれ出ています。
 
 
 日頃、それを見て「いい天気だな〜」ぐらいにしか思わないと思うんです。
 
ですが、ふと見た雲が珍しいものであったら、ちょっと得した気持ちになります。
 
最近でいうと、ポケモンGOのようなハンター気分です。
 
「あ!ピカチュウ出てきた!」みたいに
 
「積乱雲だ!40点!」って。
 
ランニングを趣味にする人が増えているけど、それはコストが掛からないのも一因と言われてる。
 
それを考えれば、「雲さがし」なんていつもそこにあるからお得だなぁ。