読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本のおいしい食べ方。

本がテーマのブログです。本をきっかけに想いを巡らし記録する「今日の一皿」や本に関するメディアとしての情報を載せる「本のあれこれ」について書いていきます。

MENU

『実学入門・経理がみえる会計』お金は大事なくらしの出汁

f:id:eatbooks:20170211231628j:plain

本を買うときに、表紙だけを見て買うことがある。カッコいいとか面白そうだったり。
良い本だとやっぱり出版社も売りたいから、おのずと表紙にも力が入る。 
 
だから表紙で選ぶのも、ただの当てづっぽうではなくて理にはかなっている。
 
それとは逆に全然表紙がよくないのに、中身がすごく良いものがある。
 
それがこの本『実学入門・経理がみえる会計』田中靖浩 著
 
たしか勝間和代さんの本で紹介されていた本だと思う。
その繋がりがなければ、一生手にしていなかったに違いない。
 
わかる通りタイトルが、ありきたりなんです。
 
本屋だと、カテゴリー別に陳列してあるから、同じジャンルの本が同じエリアに何冊もある。
 
その中に入ってしまえば、まわりの本と見分けがつかないです。
 
中身がしっかりしているのに。
 
 
内容は、大筋から説明されているので会計の全体像を把握しやすいです。
 
いちど全体像を把握しておくと、自分がどこが分からないのかが分かるので、詳しい人や専門家に聞く際にも役に立ちます。
 
無知の知ですね。
 
パズルの周りをいったん作って、それから徐々に中を作っていく。
 
どのピースがどこにハマるかは分かりませんが、これからどのくらい埋めていくのかが分かります。
 
全体像を把握するというのは、これと似ていますね。
 
それにしても、ぼくは経理だったり会計だったりがどうしてもやる気がでない。
 
数字が嫌いなわけではないし、グラフやなんかはテンションが上がる。
 
なんでだろう。
 
この前、これから大学を卒業するという青年にあった。
 
その子は経営を勉強していて、これから会社で経理関係の仕事に就くらしい。
 
「経理とか好きなの?」と聞くと、
 
「はい」と爽やかに答えていた。
 
ひとそれぞれ好きなモノがあるけど、人生のどの地点で好きと嫌いに分かれるんだろう。
 
その分岐点があるなら、いちど戻って「経理好き」の方向にいきたい。