Shisouroku#2

だんだんと日が長くなる季節。
12月22日あたりの冬至を境に日がでる時間がながくなる。
まだまだ寒いから、そんな太陽が出ている感じはしないけれど、長くなっている。
昔のころは、暗くなるころに防災無線から音楽がなっていた。それが夏は6時、冬は5時に鳴る。友達と遊んでいても、それに合わせて皆帰っていく。
僕が住んでいた地域では、それが当たり前となっていた。
そういえば、この頃その音楽が聞こえなくなったな。
いつからやめたのだろう。
いまの子供たちは何を目安に帰るのだろう。
日が暮れていく空を眺めながら、ふと無くなっているモノにいまさら気がついた。