シソンヌじろうの初の日記小説『甘いお酒でうがい』

著・川嶋桂子(シソンヌじろう)

発行・KADOKAWA

 

語呂が悪いタイトルにとても惹かれた。

『甘いお酒でうがい』

「うがいする」まで言えばスッキリするのに、途中で止めるなんて。

 

この本は、シソンヌじろうがコントで扮する「川嶋桂子」として書いたもの。

桂子の半径3メートルぐらいの出来事が日記調に書いてある。

 

最初から桂子の日常を追ってもいいし、気になる日だけを拾い読みすることもできる。

 

あとがきで、シソンヌじろうが演じているというより「桂子に侵された」って言ってるけど、読んでいるこちらもそんな気分になる。

 

シソンヌのコントが好きな人は、ハマってしまう本。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です