今日の一冊

『アライバル』文字はないけど、ちゃんと食べれます。

オーストラリアのイラストレーター・絵本作家のショーンタン著。

 
この本の衝撃は、文字がないということ。
 
絵本は、絵がベースにあって文字で説明やセリフが書かれているのが一般的。
 
けど、このアライバルという本は、物語の中にひとつも文字が書かれていない。
それにもかかわらず、ストーリーの流れや主人公をはじめとした登場人物の心情がわかる。
 
よろこんでたり、かなしんでたり。
 
おこってたり、おびえていたり。
 
ほめてたり、さげすんでいたり。
 
いつも絵や写真・映像には、言葉や文字とセットになっているけど、
絵だけでこれだけ伝えることが出来るんだと発見できた。
 
 
人間の表情というのは、世界共通らしい。
 
言葉はそれぞれ国や民族やコミュニティによって違うけど、
表情は同じらしい。
 
表情をつくるには、顔を動かすんだけれども、
顔には30以上の筋肉があって、それらの組み合わせでいろんな表情が作られる。
 
そのことを研究している人もいて、その人を題材にした「ライト トゥ ミー」という海外ドラマもある。
 
言葉では嘘をつけるんだけど、顔の表情には感情が現れてしまうから、
結局嘘を見抜かれる。
 
第六感なんていうのは、こういった表情などの小さな情報を無意識に察知して、
ひらめくように出てくるものなんではないかと思う。
 
たしか本もあったはずで、本棚を見渡してもないので、紹介するのはまた今度にしよう。
 
 
またアライバルの話に戻ると、文字のないこととつながっているのか、
何回も読み返したくなる本なんです。
 
読むたびに少し違うストーリーに見えてくる。
 
一日二日ぐらいでは変わらないんだけど、一年ぐらい間をおくと変わる。
 
大きくではないんだけど変わる。
 
主人公はすごい不安を抱えている印象があったけど、これは好奇心も持っているなというふうに変わる。
 
なんでだろう、すごくおもしろいなと思った。
 
本の中身は変わらないのに、こちらの受け取り方は変わる。
 
読書は、書き手によって作られていると思っていたけど、
読み手の方が主導権があるのかもしれない。
 
同じ本を読んでも、人によって感想がちがうんだから、あたりまえといえばあたりまえか。

関連記事

  1. 今日の一冊

    星野 源『いのちの車窓から』新垣結衣という人

    著者・星野 源出版社・KADOKAWA 星野 源という人…

  2. 今日の一冊

    『住まいの中の自然』暮らしでは受けに回ると心地よくなる。

    著・小玉祐一郎 自然というと、木々を最初に思い浮かべる人も多い…

  3. 今日の一冊

    『ひもぐつ』これも本なんだと思い直した。

    ビアギッテ・ヘアツ 作ローダ・マクグロース 絵ふく…

  4. 今日の一冊

    『NO LIMIT 自分を超える方法』同じ言葉なのになぜか違う

    著・栗城史多 発行・発売/サンクチュアリ出版 同じ言葉なのにな…

最近の記事

  1. 『世界の偉人たちの名言にふれる3冊』
  2. 『秋の夜長に読みたくなる大人の絵本。』
  3. 英語が苦手だ!という人にオススメな邪道な英語学習本3冊
  4. 心地のいい家がほしいと思ったら読む3冊。
  5. #1 本屋はメディアって誰かがいってたのを思い出した。

おすすめ記事

  1. 本屋

    自由が丘本屋7選!落ちついたオシャレな街の本屋さんをまとめました
  2. 本屋

    津田沼の本屋7選!本を探すなら大型書店の丸善・本屋を楽しむならTUTAYAがオス…
  3. おすすめ本

    『世界の偉人たちの名言にふれる3冊』
  4. 本屋

    鎌倉本屋9選!地元に愛された書店から日本唯一の仕掛け絵本のお店まで
  5. 本屋

    池袋本屋13選!都内最大級の大型書店からコアなコミック専門店まで!
PAGE TOP