サクラさく。

サクラの季節に読みたくなる。

サクラが咲く季節は一年のなかでも特別な時間だと思う。

いつも身近にあるサクラの木の花が咲いて散るのが一瞬で、今のうちに見ておかなきゃという気持ちに毎年させられる。

人間の予定に合わせて咲いてくれないので、大切な日にはもう散っていたなんてことはよくあって。

テレビでも季節になると「そろそろ咲きそうです」といったサクラの情報が流れてくる。

つぼみが膨らむのと同時に人々の気持ちも膨らんで、開花してからは花を見ていてテレビでどう伝えてるか分からない。

高まる気持ちとはウラハラに、大人数で宴会をする花見が苦手だ。

隙間なく引かれたブルーシートを見ながら、この人たちは上すら見上げないだろうと毒づきながら帰り、静かになった夜に街灯に照らされたサクラを見ながら、この本を開く。

『拝啓 サクラさく』絵:黒田征太郎 文:日暮真三

この本はテレビで紹介されていて気になって手にとった。

本の帯にもなっているが宮沢りえさんがお勧めしている一冊。

書きなぐったような絵が、狂ったように散っていく桜の美しさを表現しているようで、絵だけみていても楽しめる。

大人の絵本って、とても良いと思った。