東京本屋マップ『大型書店編』

大型書店の魅力はやはり品揃の多さで、探している本はだいたい見つかってしまうし、何気なく入って本を眺めているときには飽きないほどに多くの本が置いてある。大型の書店はどうしても人が多い都市部まで出向かないとないのですが、わざわざ遠征してまでも大量の本に囲まれに行く価値はあると思います。僕は東京に行くことが多いので、そのときにすぐに行けるように都内の大型書店をまとめてみました。
 

東京

丸善 丸の内本店

東京駅丸の内口からすぐにある新丸ビル内の大型書店の丸善。多くのサラリーマンが足を運ぶこともあり、ビジネスや学術関係の本が特に充実しています。何かを学びたいと思っている人にはぜひ行ってもらいたいところ。何がそうさせるのかビジッと背をただされる気がする本屋さん。

八重洲ブックセンター

東京駅八重洲口にあるビル一棟が書店になっている大型書店。フロアごとに本のジャンルが別れているので、多くの本がある中でも目当の本が探しやすいです。僕はいつもここに寄ると最上階まで行ってぐるぐるとフロアを下りながら見ていって、最後に一階で会計を済ませるのがおきまりに。

神保町(御茶ノ水)

三省堂書店 神保町店

古本の街にある大型店である三省堂書店。新刊の品揃はもちろんのこと、新刊のアウトレット品があるなど古本の街ならではのコーナーもあっておもしろい。周りにある古本屋巡りをしつつ、大型書店にも寄れるのは東京でもこのエリアだけなので、本が好きな人に特におすすめのところ。
 

池袋

三省堂書店 池袋本店

JR池袋駅から外に出ずに行けるので雨の日でも気軽に立ち寄れます。文芸系の本が充実している印象。このお店はベストセラーの本などを在庫豊富に取り置きしてあるので、話題になっている本でも売り切れを心配しなくてもよく「ここに行けばあるだろう」と心強い。そのため多くの本好きの人が訪れていて、店内は多くの人で賑わっています。

ジュンク堂書店 池袋本店

東京で一番の売り場面積を誇るジュンク堂書店の池袋本店。ジャンルごとに大量の本が並ぶ店内は、何時間いても飽きないほど。専門性の高いものや、出版部数が少ないであろうリトルプレイスまで取り揃えられている。
 

新宿

ブックファースト 新宿店

新宿西口のランドマークでもあるコクーンタワービルにある書店。駅から地下道で繋がっているので、雨の日でも気軽に行けます。品揃えも多くエリアごとに分かれたお店は、慣れていないと探すのが大変だが、探検をしているようでワクワクもする。

紀伊国屋書店 本店(新宿)

新宿東口にある紀伊国屋書店の本店。繁華街にあるので、時間を持て余している時に立ち寄るにも便利です。各階ごとにジャンルが分かれている。上の階に行くにはエレベーターか階段で行かなくてはならないので、そこは少し不便である。エレベーターで上に行ってから、降りながら見ていくのがオススメ。

Books Kinokuniya Tokyo(新宿)

新宿駅南口にあった紀伊国屋書店がリニューアルしてできた洋書専門の店舗です。多くの外国の方が訪れるようになったことから、その方たちのニーズにも応えられる品揃えになっています。英語の勉強に使ってもいいですし、まだ日本語に翻訳されていない本を読みたいときにも便利です。
 

地図でみる(Googleマップ)