散文

#1 本屋はメディアって誰かがいってたのを思い出した。

本屋はメディアって誰かがいってたのを思い出した。

さいきんツイッターを再開してみて、まえには気づかなかったけど意識してみると、本の情報がたくさんある。

たぶん自分の好きな作家さんだったり、気になる本屋さん、いつもつい手にとってしまう雑誌などもツイッターをやっていて、フォローしておくと何かを知らせてくれる。

みんなそれぞれ気になるものは見てるだろう。

本屋さんがどんどん少なくなっていくのを、すこし寂しく思っていたけど、違うところに移っていっただけなのか。

ど根性大根をみたとき「こんなところにいたのかぁ」ってほっこりしたっけ。

メディアは器だから、入っていたものがうつることもある。

時代のことをとやかく言えるほど生きてはいないけど、これが時代がうつるってことなのかな。

関連記事

  1. 散文

    「何の為に勉強をするのか?」に答えてみた。

    勉強というのは、無理やりやらされて凄く嫌がられるものになっていると思う…

最近の記事

  1. 『世界の偉人たちの名言にふれる3冊』
  2. 『秋の夜長に読みたくなる大人の絵本。』
  3. 英語が苦手だ!という人にオススメな邪道な英語学習本3冊
  4. 心地のいい家がほしいと思ったら読む3冊。
  5. #1 本屋はメディアって誰かがいってたのを思い出した。

おすすめ記事

  1. 今日の一冊

    『狩野亨吉の思想』今日は渋い一冊。
  2. 本屋

    川崎本屋9選!利便性の高い大型店から昔ながらの古本屋さんまで。
  3. ギネス

    【ギネス記録】世界一小さい本ってどれくらいの大きさか知ってる?
  4. 本屋

    大井町本屋6選!人気上昇中の街にある駅前大型書店から軍事専門書店まで
  5. おすすめ本

    須藤凛々花『人生を危険にさらせ!』を読むと「自由」になれる。
PAGE TOP